暮らし・生活のブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kyoto.areablog.jp/xxiaonanguo2012

町からお寺が消滅……とある県が話題になってた

鹿児島県には古くから残る寺院が皆無といってよいほどない。代わりに「○○寺跡」が多い。鹿児島の寺院1066ヶ所は、明治9年頃にはすべて消滅したとされる。今も、お寺は少ない。県別の全国平均がおよそ1600。鹿児島県は、485とかなり少ないのが分かる。

高知県の寺院の数は370。面積の違いもあるが、鹿児島よりもさらに少ない。全国の県庁所在地に、浄土宗寺院が存在しないのは高知県だけ。

鹿児島も高知も、理由は「同じ」だった。その昔、「寺こわし」があった。正しくは「廃仏毀釈」と呼ばれる。明治時代、廃仏毀釈で寺院が徹底的に破壊された。だから、古いお寺だけがなくなっている地域がある。

元々は「お寺」と「神社」をちゃんと分けようという動き。
仏様を祀るのが「お寺」
神様を祀るのが「神社」
日本では古来から、「神様」と「仏様」を区別しないで、時に融合させてきたという歴史がある。

実は、高知は「神社」の数は2,000以上。これは、全国でみても多い方に入る。仏教排斥を意図したものではなかったが、寺院の廃合、仏像?仏具の破壊などが見られた。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kyoto.areablog.jp/blog/1000051807/p11158075c.html
女性向け トラックバック( 0)

■同じテーマの最新記事
アンテプリマのワイヤーバッグにイニシャルや数字をプラス!「ニューフィグーラ」受注スタート
最近のミス・ユニバース大会が小林幸子化している件
鍵をデコってみたら可愛くなった!
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
静ナカムラ シズカ
プロフィール
暮らしや生活について話す
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 5 4275
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

キーワード