爽やか会

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kyoto.areablog.jp/kyoto-marumaru

人生の主役

人生の主役

 

 人生をドラマに例えるなら、主役は、間違いなく自分自身であり、その人自身だと思います。
 ならば今、目の前にいる人は、共演者なのか?脇役なのか?エキストラなのか?……
 その目の前の人から見れば、私が共演者なのか?脇役なのか
?エキストラなのか?……

 

 私が、誰かの共演者になろうだなんて偉そうなことは、言えるはずもない。脇役も、エキストラも何もできないんだから。

 

 昔からの友達が、茨城で豪雨災害の復旧に汗している。

 

 

 1週間前9月18日夕刻の現地の映像です。

 

 私は、「頑張ってくれ」と薄っぺらいことしか言えないでいる。自分の無力さが情けない。

 

 それでも……
 エキストラでも、道具係でも、照明係でも何でもいいから、誰かが、幸せな人生を歩む分岐点に居合わせることができれば、私の生涯の宝物になるのだろうと思う。

 

 私の人生ドラマでは、自分自身が主役で責任を果たしつつ、誰かの人生ドラマの役名もない脇役になれれば居心地良さそうであります。
 カミさん(主役)から「しっかり!やりや〜」と尻を叩かれながら……

 

*** では、また。 ***



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kyoto.areablog.jp/blog/1000028550/p11262432c.html
日々常々 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

救世主はいないのか。

救世主はいないのか。


 世界・日本の各地で何千年も前から今日まで、毎日のように多くの人々が、殺し殺され、奪い奪われ、騙し騙されている。
「救世主はいない」と証明されているようです。

 それでも「私の……」「我が家の……」「我が社の……」「我が国の……」「世界の……」と、いつの間にか救世主を求めたくなる気持ちが湧き上がってくるのも事実。


 しかし、救世主はいないのです。では、どうすれば……


 目の前にいる人を幸せにできれば……


 金品・食料を与えるだけではなく、奉仕や憐みをかけるだけではなく、思想や哲学を解くだけでなく、得した・損したじゃなく、幸せになってもらえれば、うれしく思います。

 たったひとりを幸せにできれば……

 良いことも悪いことも、たったひとりから始まる……世界中の全ての人が、目の前の人を幸せにしようと思えば、人殺しや戦争など起こるはずもないと思うのですが、「自分の為に……」「我が組織の為に……」「我が国の為に……」と人殺しがはじまる。

 競わず、戦わず、争わなくて目の前の人を幸せにできれば、その人にとっての「救世主」になれるかもしれない。

 私は、カミさんと出逢えたことで救われました。幸せにしないと申し訳ないんですが、「自分だけ、好き勝手にして良いねえ〜!」と、いつも怒られてばかりです。


*** では、また。 ***



救世主
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kyoto.areablog.jp/blog/1000028550/p11247109c.html
日々常々 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

空間

空間

 

 今日、午前中から雪がたくさん降っていました。建物の中に居ても、足先が冷える。屋外の仕事は、指先が凍ってしまいそうに感じます。

 4年前の東北は、もっと、もっと……もっと寒かっただろうに……


 少し前、十数年使っている、狭い事務所・店舗の床材のあちらこちらに穴が開いたり、剥がれていたりしたので、職人さんに床材を張り替えてもらいました。
 職人さんが、作業しやすいように、家族全員で手分けして、机や什器、備品・商品をできる限り別部屋に移しました。
 片付け終えた、そのガランとした空間を見て、小学生の娘が……

 

娘「広いなあ〜」

 

私「物が無くなっただけ。広さは、一緒やで。」

 

娘「ワァー!……めっちゃ、声が響く。」

 

私「反響やな。物が無くなったから、声が天井や壁にぶつかって、音が反射してるんやね。」

 

 人間の思考も、余計な知識や知恵など何もなくて空っぽだったら、様々な事柄が、スゥーッと入ってきて、たくさん吸収できるんでしょうね。様々な人からの投げかけや、身の周りの事柄に対しての反響が良くなるのかもしれません。今、娘がその時期かと思います。

 

 人生、いろいろな経験を重ねることで学習したり、勉強することで知識を得たり、だんだん頭の中の空間が、少なくなってきている感があります。
 知識や知恵も大事だと思います。私の頭の中にある僅かな知識・知恵が、自由に動ける空間も必要かと思うので、常に頭の中を整理したり、頭の中の空間を広げる工夫を怠らないようにしなければと思う、今日このごろです。


*** では、また。 ***



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kyoto.areablog.jp/blog/1000028550/p11174988c.html
日々常々 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

お金を使う人

お金を使う人

 

 ご主人の耳が遠くなったという顔見知りのご夫婦と私の3人でテーブルを囲んでお茶をお馳走になっていいました。

 

 すりガラス越しに、お隣さんの住宅建替え工事のショベルカーの影を見つつ……

 

 ご主人「1990年ごろは、ここの自宅土地を3億円で譲ってくれって、いくつもの不動産屋が来てたんやで。」

 私「そのころに売却していれば、大金持ちですね。幸せかどうかは、別にして……」

 奥さん「そりゃあ、お金は、たくさん有った方が、良いに決まっているじゃない。」

 

 私が幼少のころは、母親がお金に苦労していたように見えた。事実、苦労していたと思う。
 親父が、浴びるほど呑む酒代や視界が悪くなるほど吸い続ける煙草代は有るのに、毎月の支払日に「足らない。どうしよう。」と漏らす母親の言葉が耳に残る……。
 それでも、両親と様々な人たちのおかげで、どうにかやって来れた。

 銭湯代を節約するために、台所の小型湯沸かし器にホースをつないで、玄関の外に置いてある洗濯機にお湯を張り、妹と交代で浸かった。靴下に穴が開いたら何度も自分で繕った。炊たてごはん、鍋底にできるおこげを母親が一つ……塩だけで握るおにぎりが、たまらなく美味い。普段の飲み物の水道水も氷を浮かべるとレストランに来たように感じた。平屋2畳+4.5畳二間の長屋住いが、恥ずかしくて友達を自宅に呼んだことが無かった。
 当時は、あちこちに有った当たり前の苦労話も、今となれば、思い出深い事柄です。

 お金が潤沢に有ったら経験できないことかも知れません。お金が無いことが、良いとは思いません。お金の有る幸・不幸と、お金の無い幸・不幸。どう思うか、どう生きるかは、自由なのでしょう。

 確かに、お金は、無いよりあった方が良い。私も欲しい。その中でお金を使う人は、その使い方を間違えないようにしないと……

 2億ドルもの想像も、何もできない大金を支援に使うらしい。その中の0.1円は、私が納めた消費税かもしれない。間違っても人を傷つける為に使われないよう、注視しなければと思う、今日このごろです。

 

*** では、また。 ***



2億ドル
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kyoto.areablog.jp/blog/1000028550/p11162801c.html
日々常々 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

旧友

旧友

 

 十数年ぶりに関東に赴くこととなりました。

 もう三十年近く前、あるメーカーの研修施設で約一年間寝食を共に過ごした旧友が急逝されたと・・・・・・
 北海道から鹿児島までの出身で二十人に満たないクラスでした。現在は各々地元で活躍されていると聞いています。

 

 二十歳前後のたった一年間・・・・・・今から思うととても中身の濃い一年でした。

 

 今までこれと言って交流をしていなかったので、迷惑かなと思いましたが、山形や福島からも葬儀に参列すると聞き、皆の顔を見たくて足を運ぶことにしました。

 

 私と同じ歳で、五十歳手前。とても安らかな顔で眠っていました。

 

 このごろ知人の訃報を聞くことが、多くなってきましたが、自分の両親を亡くしてからは、悲しみ、涙することは、なくなりました。それでもご遺族の表情が、眼に入ると切ない気持ちになります。

 全く痛くないですが、こんな眼になりました。

 

 そろそろ、同窓会をしようと話していた仲間もいたように聞きました。「あの時、同窓会していれば・・・・・・」当たり前ですが、先のことは、分からないものです。

 

 日帰りでしたが、関東まで来ましたので、ひげ仙人さんに電話で元気な声を聞かせていただいてから、家路につきました。

 

 *** では、また。 ***



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kyoto.areablog.jp/blog/1000028550/p11005494c.html
日々常々 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

人に因って

人に因って

 

 若き研究者が軸となり、新型万能細胞の作製に成功したとの報道が、ありました。
 怪我や病気で、肉体に異変が起こっている方にとっては、朗報なのかもしれません。

 

 それでも、人の精神や感情は、これらの万能細胞を駆使したとしても再生・修復は、できないのだろうと想像します。

 

人は・・・・・・

 人に因って傷つき、人に因って癒され、人に因って磨かれ、人に因って輝き、

 人に因って人となる。

 

 先月、娘がインフルエンザを発症しました。予防接種をしていなくて一晩は、しんどそうにしていましたが、それ以外は、元気いっぱいでした。学校に出席できない数日の方が、辛そうでした。
 2週間ほどたちますが、他の人に移った様子が無くて一安心です。

 今日も娘は学校で、磨き・磨かれていることでしょう。

 

 *** では、また。 ***



万能細胞 インフルエンザ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kyoto.areablog.jp/blog/1000028550/p10995605c.html
日々常々 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

「面会」

 「面会」


 身内以外で、病院に複数回、面会に伺わせて頂いたのは、二十数年ぶりになると思います。

 二十数年前……私は、何事にも無気力、無関心に日々淡々と、過ごしていたように、時々思い返す事があります。

 ある日、日頃お世話になっている方が、体調を崩して入院されたと聞いて面会に伺いました。
 「見舞う」という感じではなく、ただ……「会いに行く」でした。

 気の利いた話などできない私が、「会う」事が楽しくて、1〜2週間おきに、のこのこと伺っていましたので、さぞかしご迷惑だった事でしょう。
 そんなこんなで、4〜5回?ぐらい、面会させて頂いたような記憶があります。

 ほどなくして、お元気になられたその方と、今でも「会う」と楽しいひとときが流れます。

 

 

 2〜3年ほど前から、息子がお世話になっていて、私自身も時々ご一緒させて頂いていた方が、不慮の事故で入院されています。
 先日、2回目の面会に行きました。

 ホンの少しづつ、良くなっているようです。それでも食事制限があるとの事……

 私「ここで、お酒は? ビール呑めるんですか?」

 

 友人「ダメなんっスよ。呑めたら一発で治るんですがねぇ〜。」

 

 病室は、四人相部屋でした。少しだけ気を使って、声を抑えて二人で大笑いしました。

 

 その面会の数日前、夢の中にその方が現れて……夢の中で元気に社会復帰されていました。

 

 帰り道、二十数年前を想い出しながら……

 

 少しでも早く、正夢になることを信じ、願っております。

 

 *** では、また。 ***
 



正夢
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kyoto.areablog.jp/blog/1000028550/p10879925c.html
日々常々 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

「手」

「手」

 

 少し前にゴールデンウィークが終り、また一つ歳を重ね、四捨五入すると「50歳」になりました。

 

 今年も、半分を過ぎようとしている5月下旬、ようやく落ち着いた感じになりました。

 

 3月にダブル卒業(小学校卒業、保育所卒園)があり、4月にダブル入学(中学校入学、小学校入学)でしたので、家の中の空気が「ふわふわ・バタバタ」した、感じがしていました。

子どもたちも新しい生活に慣れてきたのか、活き活きと毎日過ごしております。

 

 

 そんなある日、爪を切っていると、下の娘が、スッと手を出し……

 

「あたしもやって〜」

 

 少し前まで小さな「もみじ」の様な、可愛い「手」だったのが、いつの間にか……大きく、しっかりとした「手」になっていました。

 

 

 「……自分も歳をとるはずだよな〜」当たり前である……。

 

 それでも、娘の爪を切るという僅かで「儚い」時間や空気感は、何にも代えがたい「宝物」です。

 

*** では、また。 ***



爪切り 手
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kyoto.areablog.jp/blog/1000028550/p10874250c.html
日々常々 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

年の暮れ

2012年 年の暮れ

 

 あたり前に色々なことがあった一年でしたが、概ね平穏に過ごせました。そんな2012年も残りわずかになりました。

 

 今夏、沖永良部島への家族旅行の最終日に、毎年「特産完熟マンゴー」を購入させていただいている「児玉マンゴー農園」さんへ、ご挨拶かたがた立ち寄ることにしました。

児玉マンゴー農園 児玉さん

 

 日ごろのお礼を伝えて失礼するつもりでしたが、ご丁寧にご自宅にお招きいただき、ご歓談させていただきました。

 児玉さんご夫婦の話を聞いて初めて知ったことがありました。


 10年ほど前に親父が、関西暮らしをリタイヤして沖永良部に帰郷して、出荷が始まったばかりの「完熟マンゴー」贈ってくれたのが、ご縁のきっかけでした。

 その「完熟マンゴー」がとても美味しくて、お袋が親戚や友達に贈るために、児玉さんと連絡を取るようになったようです。

 

 児玉さん「あなたのお母さんには、とても感謝しています。初めてのお客さんだったから……。そして、たくさんの人に紹介していただいて、その人たちから口コミで広がっていって、忙しく仕事しています。
 産地ブランドでは、宮崎や沖縄にかなわないけど、品質では、互角以上ですよ。今、奄美群島最高級マンゴー「沖永良部島 太陽王(ティダオウ)」に力を入れています。このプレミアムマンゴーは、さらに美味しいです。」

 

 と目を輝かせてお話していただきました。

 児玉さんの元には、某大学農学部の教授が土壌改良などのノウハウを聴きに来られることがあるそうです。情熱あふれる児玉さんです。

 

 機会がございましたら、「沖永良部産 完熟マンゴー」をご賞味ください。

 

 この一年で、一つ年上の先輩と、二つ年下の後輩が、他界しました。「明日は我が身」と思うとともに、充実した日々を送れるようにしたいものです。

 

 良いお年をお迎えください。

 
 *** では、また。 ***



沖永良部 マンゴー
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kyoto.areablog.jp/blog/1000028550/p10805403c.html
日々常々 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

2012年 夏の想い出 その2

2012年 夏の想い出 その2

 

 三日目の日中は、何も決めていない自由な一日です。

 

屋子母(やこも)海岸

屋子母(やこも)海岸

http://www.oki-erabu.com/oki-guide/china/guide-yakomo.html

 波が高くて連れて行かれそうなので波打ち際で遊んでいました。

 

 

あっちに台風15号

 あっちに台風15号です。さらに風が強く、波が高くなってきています。

 

 

 この日の夕食は、叔母の家にお邪魔して宴です。かみさんも手伝って沢山お料理を用意して下さいました。私だけが、酔っ払って……喋りすぎました。

 

仲良し叔母夫婦

仲良し叔母夫婦

 

 終戦間近…叔母が小学生だった頃、沖に停泊していた大きな米軍戦艦から、爆撃機が、次々とごう音と共に本土を目指し、頭の上を飛んで行ったそうです。

 戦争が長引いていたらこの島も沖縄のように米軍が上陸していたのでしょう。もし…そうなっていれば、今の私は居ないのかもしれません。

 

 一泊させていただきました。広間で雑魚寝です。横になった目線の先に二十歳前後の軍人さんの遺影写真がありました。

 

 おやすみなさい……。

 

*** では、また。 ***

 



沖永良部島
goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kyoto.areablog.jp/blog/1000028550/p10709245c.html
日々常々 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
o10ちゃんイメージ
o10ちゃん
プロフィール
いつの日からか...京都に足が向くようになってきて〜いつも間にか、素敵な方々と愛いっぱいの素敵なコミュニケーションの輪が、広がっていく今日このごろ・・・
今宵も京都で皆の幸せを願い語らう人々・・・。
皆さんの今日このごろは、○○・・・。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 14 65591
コメント 0 6
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク