京都の本屋で働こう

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kyoto.areablog.jp/machihon

包装するのも一苦労

最近は本をプレゼントする人も増えてて。

ラッピングを要求されます。

 

ラッピングもね〜。

 

クリスマス用とかあるの??

 

て聞かれて。

 

ただの本屋ですよ。

 

この不景気に用意してると思います??

 

不思議だ。

 

日本人って深刻なようで能天気ですよね。。。。

 

 

 

「PR」腸セラピー 「PR」脳にいいことだけをやりなさい 「PR」トライアングル 「PR」ヘッドホン型映像再生機器 「PR」相棒 「PR」年賀状 「PR」ソムリエール 「PR」結婚コンサルタント 「PR」バードワラント 「PR」鬱(サザエさん症候群) 「PR」ダイヤモンド 「PR」節税



本屋
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kyoto.areablog.jp/blog/1000004637/p10058984c.html
京都のこと | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

はじめまして。

なかなか、シュールでいいこと書いておられます。
私は本屋さんで働いた事ないですが

本を買いに子供と行くと
子供たちが本のところでぐちゃぐちゃに読んでいるのを
注意しない親が多くて、その本買うの〜?って
いつも思います、そして自分も気をつけようと・・・。

たしかにエコだとか景気が悪いとか節約だとか・・・言いながら、無駄多いと思います

でも心の余裕、ゆとり?相手への思いやり・・・ほしいですよねギスギスも寂しいですよね。

[ 芙蓉の月 ] 2008/12/18 11:38:57 [ 削除 ] [ 通報 ]

はじめまして。
コメントありがとうございます。

児童書のコーナーは本当にひどいですね。
わざわざ見本作ってもごちゃごちゃです。

芙蓉の月さんのような方ばかりになればギスギスなんてしなくていいのに。。。。と思います。

[ だいすけ ] 2008/12/19 21:58:45 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
秋の京都といえば
芥川賞受賞作品書籍化
自己啓発
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
だいすけ
プロフィール
京都の本屋で働くさえきが。

ちょっとした京都の変化を語ります。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 26736
コメント 0 2
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

足あと

おすすめリンク